2018年07月24日

奥比叡・仰木棚田トレイルラン

7月22日 奥比叡・仰木棚田トレイルランに参加してきました。


トレイルランは昨年夏から体調不良のため参加していませんでした。暑くなって「走りたい」気持ちが抑えきれず、練習を1年以上しないままの参加です。

0722-001.jpg

場所は滋賀県。京都から湖西線にのりかえ、おごと温泉駅

0722-002.jpg

そこからシャトルバスで15分のところに会場があります。
空が青い。


0722-003.jpg

昨年に比べぐっと人数が増えて活気に満ちた会場でびっくりしました。棚田を県外の人に知ってもらうための大会、「暑さ」が一番売りと説明を受けました。24kmのロングコースと16kmのショートコースの部があり、16kmに参加です。


0722-01.jpg

会場から撮った景色です。「夏休みの朝」ですね。夏休みの記憶はこんな景色です。

0722-02.jpg

影とのコントラストが暑さを示しています。このときはまだ余裕でした。その後辛くなることも知らず。

0722-03.jpg

これから山に入ります。日陰は少し涼しいです。

0722-04.jpg

こんな道を30分、その後トレイルを90分ほど走ります。湧き水を見つけるとビニール袋に水を入れて、頭から水をかぶりながら走りました。すでに暑さにやられ走れない状態でした。


0722-05.jpg

やっと頂上です。琵琶湖がきれいに見えます。海のようでした。2時間走りアウト直前です。

0722-06.jpg

エイド1です。16km部はほとんどビリで、後の選手は数名でした。私の後の選手が「リタイアします」と言っていたのを聞いて「え?」しばらく走り、何度も戻ってリタイアしようかと悩みました。大会中リタイアを思ったのは初めてです。

0722-07.jpg

エイド2まで何とか走りました。前後に誰もいなくて悲しくなりました。エイド2に着くと、24kmロングの選手が、もう一山走って10人ほど休んでいました。仰向けになって休んでいる人、頭を抱えてじっとしている人、「こんなにきついと思わなかった」とスタッフさんに言っている人。しんどいのは自分だけじゃないのだと少しほっとしました。エイド2でリタイアする予定でしたが、もう少し走ることにしました。


0722-08.jpg

エイド3を過ぎ、エイド4に。これから後は37度のなか棚田の中を走ります。あと1.7kmと言われ最後まで走ることにしました。エイド4ではスタッフさんに頭から水をかけてもらいます。


0722-09.jpg

あと少し、あと少しです。こんなにしんどい大会初めてでした。

0722-10.jpg

4時間22分でフィニッシュ。リタイアしないですみました。スタッフの皆さまありがとうございました。

posted by terada at 11:21| 2018年 大会の記録

2018年04月30日

4月29日 いしおかトレイルレース

4月29日いしおかトレイルレースに行ってきました。

0429-01.jpg

静岡駅から秋葉原駅に。そこでJRからつくばエクスプレスの乗り換えます。今まで困らなかったのですが、ぼんやりしていつもと違う出口から出てしまいました。

0429-02.jpg

駅の反対側までぐるっと回るのですが、人が多くてなかなか前に進まないのです。この時点でもう大会なんで出られない、とやけっぱちになりました。

0429-03.jpg

しばらく迷い、やっと見つけたつくばエクスプレスの看板。何年か前のことですが、つくばエキスプレスに乗った最初の時、駅員さんに「特急券はどこで買うのですか」と尋ね「はあ?」と言われたことが懐かしいです。なんたって「エクスプレス」だから別料金かと思いました。


0429-04.jpg

つくば駅に着きました。夕日が沈んだ直後のマジックアワーです。コンビニで夕食と明日の朝食を買い、早々に食べて寝ました。

0429-05.jpg

翌日の朝。会場に向かうバスが並んでいます。少し早めに来たのにたくさんの人が並んでいました。

0429-06.jpg

30分くらいで会場です。田んぼが多くなってきます。田んぼ見るとほっとします。バスの中からじっと見ていました。

0429-07.jpg

「ようこそいしおかへ」  この大会に出るまで、石岡市のこと知りませんでした。今でもこの大会と行き帰りの道しか知りませんが、「石岡=素敵なところ」は頭に残ります。

0429-08.jpg

バスを降りて会場まで歩きます。会場は、朝日里山小学校。今は廃校となっています。女子更衣室は「給食準備室」です。まだ大きなボールやざるが戸棚においてあります。

0429-09.jpg

この道を走るんだよね、旗がきれい。天気もよくて最高です。

0429-10.jpg

スタートまで時間があったため運動場の端の地面に寝転がって空を見ていました。地面に寝るのってとても気持ちいいです。アリが足の上に登ってきますけど。

0429-11.jpg

寝ていたそばにブランコがありました。

0429-12.jpg

家族と一緒に来ている選手もたくさんいらっしゃいます。子供たちが次々にブランコに乗っています。ブランコの音もいいですね。

0429-13.jpg

ついこの間まで寒かったのに、1か月であっという間に暖かくなりました。この季節にはいつも驚かされます。3月中旬、まだストーブつけてぶるぶるしている時に、「1か月たてば半そでで暑いっていう日がくる」と思いながら耐えています。


0429-14.jpg

山の色も風の匂いも虫や鳥の鳴き声も身体に染み込みます。毎日しんどいけどこの瞬間を味わえたことで来週から日々の生活をやっていこうという気持ちになります。

0429-15.jpg

この大会に最初に参加したのは8年前です。走り始めて2年目、山を走ることが楽しくて、いろいろな大会にエントリーしていた頃でした。この場所でボランティアのお子様さんたちから飴、グミ、コーラをもらったことを覚えています。この階段の情景はその時の気持ちと一緒にはっきり覚えています。あとはあのあぜ道ロードですよね

0429-16.jpg

最後のエイドで、スタッフさんが「坂も最後だよ、休んで食べて行って、コーラもあるよ」と叫び続けています。何故か元気になってほっとするのです。昨年もこの方の声に助けられました。振り返ってみると富士山をつけていました。少しびっくりしました。昨年は声は聞いていたのですが、上を向く元気がなくて顔まで見られなかったのです。

0429-17.jpg

坂をおりたところです。この景色も好きなのです。


0429-18.jpg

最後の4km「あぜ道ロード」。これが好きで好きで。

0429-19.jpg


0429-20.jpg


0429-21.jpg

田んぼの匂いと虫やカエルの鳴き声、遠くからのトラクターの音、半袖でも暑いくらいの日差し、すべてを感じていられるのって、すごいです。

0429-22.jpg

小学校の体育館が見えてきました。あと少しで終わるのが残念です。

0429-23.jpg

ギターで応援歌を歌っている青年です。ありがとうございます。フィニッシュ後「いちご食べ放題」のコーナーがあるのですが、すごく並んでいたのでスルーしました。会場の出店で300円のいちごのカキ氷を頼みました。「そんなに量多くなくていいですから」とお願いしたら、なんと200円にしてくださいました。ブランコの前の地面に座ってカキ氷を食べ、つくば駅に向かいました。

posted by terada at 21:47| 2018年 大会の記録

2018年04月09日

暗闇の自分

Everyone is a moon, and has a dark side which he never shows to anybody.
(Mark Twain、ラジオ講座テキストより)
人間は皆、月である。決して誰にもみせない暗い面を持っている。

自分がみじめで人が羨ましく思う時、ありませんか。何も悩みがなくて幸せそうで。病気なんか持ってなくて、家族も元気で、仕事も順調。前向きでいつも誰かと笑っている人ばかり目について、自分が嫌になってしまう。

どんなに立派な人でも、いつも笑顔の人でも、辛いことがない、困っていることがないなんて人はいないんじゃないですかね。誰にも言わないだけで、暗闇の自分は持っています。

つらいことも悔しいこともどうにもならないことも、みんな持っていると思いますがどうでしょうか。


0409.jpg

昔アメリカのルート66を車で走った時、あこがれのモーテルに泊まりました。映画や海外ドラマでよく殺人現場になる場所です。ピンボケですが。 アリゾナ州だったかな。

posted by terada at 08:00| つらい時に