2019年05月15日

5月12日「やんちゃ村マラニック 京都一周トレイル4分割 その1 東山編、30km」

5月12日「やんちゃ村 マラニック 京都一周トレイル4分割 その1 東山編、30km」に参加しました。その2は「東山から北山へ編」、その3は「北山西部編」、その4は「北山から西山編」で、ほぼ京都の山を一周するものです。その2が一番きつく、その3とその4も暑さと山のきつさでつらいルートです。その1は気温もそれほど高くなく走りやすいコースです。

ここ数年参加していた京都の山です。去年はほとんど参加できず、今回もだめもとで申し込んでいましたが、気温も上がりいいお天気だったので京都に行ってきました。

0512-01.jpg

0512-02.jpg

京都駅から近鉄電車でしばらく南に進んだ伏見桃山駅近くの伏見公園がスタート地点です。80人くらいの参加者です。完走することを目標に一人緊張してたたずんでいました。


0512-03.jpg

スタートから10分走ると「深草ルート」の始まりです。標識のF1からF34まで走ります。F34は伏見稲荷大社です。


0512-04.jpg

走り始めて5分もしないうちに、身体がしんどくてみんなについていくのがやっとでした。悲しくてあせっていました。楽しみながら走れなくて「苦行」でした。最初の山頂に着きました。


0512-05.jpg

0512-06.jpg

標識F1からF34まで走り、その後は標識東山「3」から「45」までです。「10」でお昼エイドがあり、おにぎり2個いただきます。いつも1個食べながら走ります。休むと時間内にもどれないからです。スタッフから、「今2個食べられなくてももう1個もどこかで食べて」と言われ、1個ほおばりながら、もう1個はナップザックの中に入れました。なるべくたくさん食べてエネルギーを補給しないとですよね。


0512-07.jpg

0512-08.jpg

標識Fが終わり、今度は東山「3」から「45」までです。一つ一つ数字と位置を確認しながら進みます。10を過ぎ、やっと20通過、ついに30になりました。気温は30℃ちかくですが、それほど暑くなかったです。たくさんの虫が私の身体を取り巻いて一緒に動いていたのでつらかったです。虫を払う元気がなく、虫より早く走れず、足をたくさん刺されてしまいました。


0512-09.jpg

「33」で「おやつエイド」。コーラをいただきました。こんな時のコーラおいしいです。


0512-10.jpg

やんちゃ村のマスターです。「あと10km、がんばれ」とマスターのエール。ただ、ここから10kmが一番つらいコースです。


0512-11.jpg

大文字山を2時間弱かけてひたすら登ります。やっと標識40に。


0512-12.jpg

これを登れば頂上か、と思ったら上り続きます。いつものことです。


0512-13.jpg

目標の標識45になりました。やっと来たぞ。最後の標識だよ。


0512-14.jpg

どっこいまだ上り、「おい」とつっこみ入れたい気分です。


0512-15.jpg

0512-16.jpg

着きました、大文字山頂上!


0512-17.jpg

フィニッシュです。スタッフさんが写真撮ってくださいます。同時にフィニッシュした3人で一緒に撮ってもらいました。写真撮ってくださるスタッフさんの腰の入れようが素敵です。いつも。

0512-18.jpg

4分割をすべて制覇すると「コンプリートタオル」がいただけます。今回いただきました。なんと3回目のコンプリートです。

posted by terada at 21:13| 2019年 大会の記録

2019年05月02日

4月28日「いしおかトレイルラン大会」に参加しました

連休どうお過ごしになっていらっしゃいますでしょうか。

この大会は何度も参加しています。少し遠いのですが、最初に参加したとき、とても素敵な景色だったので参加し続けています。前日まで肌寒くて強い雨でした。東京から秋葉原、そこからつくばエクスプレスにのって、つくば駅まで行きます。前日の夜はとても寒くて、1秒でも早くホテルに行きたい気持ちでした。当日朝からきれいな晴れです。シャトルバスにのり、会場までの景色が素敵です。茨城県石岡市です。バスからみた風景です。

0428-01.jpg

0428-02.jpg

0428-03.jpg


0428-04.jpg

昔小学校だったところが会場です。何度も行ったので懐かしい風景となりました。お天気悪かったことありませんでした。

0428-05.jpg

スタートまで時間があるので、校庭の隅っこで一人寝転がっていました。

0428-06.jpg

ときどきアリに足をかまれながらのゆっくりした時間です。

0428-07.jpg

0428-08.jpg

まもなくスタートです。大会会長さんからの挨拶で、「今日私も走るつもりでしたが、荷物置いてきました。というのも、今日朝4時からコースの白線引きをしてさっき終わったばかりです。昨日1日かけてやっていましたが、雨ですっかりなくなっていました」あらら、ですね。ありがとうございます。

「今日ミドルを選んだあななたたち正解です」今日はミドルコースで参加します。え、ミドルだけ特別なプレゼントがあるのでしょうか。「ロングは長すぎます」確かに、2年前ロングでビリでした。つらかったです。「ショートではあっという間です」数年前ショートに参加しました。あっという間であっけなかったです。「ミドルがちょうーーどいい感じです。ミドルの皆さま、正解です」と走る前から褒められました。

0428-09.jpg

0428-10.jpg

アップダウンがいくつかあるちょうどいい距離のコースです。前回の大会後2日間、筋肉痛でちゃんと歩けませんでした。急な下りのレースは苦手です。この大会は筋肉痛がくるほどではなくて楽しめます。ただほぼビリですが。

0428-11.jpg

朝4時から引いて下さった白線です

0428-12.jpg

山を下りてきたところを振り返って。

0428-13.jpg

0428-14.jpg

ここからは毎年楽しみにしている田んぼみちです。

0428-15.jpg

大会が終わりつくば駅から秋葉原に。友人から教えてもらったガチャガチャショップに行ってみました。私はガチャガチャが好きです。ご存じですか、ガチャガチャのガチャガチャがあることを。

0428-16.jpg

0428-17.jpg

これがガチャガチャのガチャガチャ。小さいたまが出てくる小さなガチャガチャがガチャガチャすると出てきます。

posted by terada at 17:12| 2019年 大会の記録

2019年04月26日

4月21日「東丹沢宮ケ瀬トレイルレース」大会に参加しました

4月21日「東丹沢宮ケ瀬トレイルレース」大会に参加しました。今まで何度も参加していましたが、昨年体調不良でキャンセルし、今年走れるかどうかとても悩み参加申し込みました。体調年齢のこともあるため、この大会は今年で最後にしようと思います。

0421-01.jpg

場所は神奈川県です。新横浜駅、橋本駅、そこから送迎バスで30分で会場です。宮ケ瀬湖畔園地をスタート。1400mの姫次東、600mの椎茸山を登って下りる32.1kmのコースです。8時スタート、15時までにもどります。大会でいただいた地図です。


0421-02.jpg

橋本駅です。この大会に出る時しか行かない駅。今日は久しぶりです。


0421-03.jpg

0421-04.jpg

いつもこの大会に参加するときは使っているホテル、東横インです。蛭子さんもお気に入りのホテルです。お部屋少し広めで、ベッドサイドにライトがあり、宿泊料金は安いです。蛭子さんが好きな、「部屋に時計がかかってる」ところ、私も好きです。ここに泊まるのも最後ですね。ありがとう。

0421-05.jpg

0421-06.jpg


会場へ着きます。4℃、少し寒いですが、すばらしいお天気です。「第一関門で帰ってもいいし」「最後だから楽しもう」と思うようにしてはいましたが、完走する自信がなくて、数日前から緊張していました。

0421-07.jpg

0421-08.jpg

0421-09.jpg


ゆるい上りを10km走ります。空の柔い青と力ある木々の緑が素敵です。

0421-10.jpg


第一関門、無事通過しました。10.8km地点です。

0421-11.jpg


0421-12.jpg


ここからトレイル、ひたすら上ります。懐かしいのぼりの感覚です。上に行くとひんやりします。山で案内をしてくださるスタッフさんがダウンを着ているのをみて寒さがわかります。数年前のこの大会で、強い雨の中スタートし、山の上は雪が降っていました。地面はぬかるみ、寒さに耐えながら転倒だけはしないと走っていたことを思い出します。雪の山を走る経験は最初で最後ですよね。

0421-13.jpg


頂上に着きました。ここから下りです。他の選手たちはすごいスピードで駆けおりていきますが、私はこわくてそろそろゆっくりです。下りの最後は延々と続く急な下り。転倒しないよう集中して足をはこびますが、長すぎて集中力も途切れそうになります。おりていくと、土から、小石になり、それに大きな石が混ざったトレイルになってきます。今までの経験から、「石が大きくなってきた、あと少しで終わる」、と感じます。そのうち、遠くから人の声が聞こえてきました。なんだろう、なんだろう。おりていくうちに、「もうすぐだよー、お水が待ってるよー、バナナも待ってるよー、私も待ってるよー」と女性スタッフさんの激励のエールでした。嬉しくて笑顔になります。

0421-14.jpg

第二関門、20,8km地点です。エールを送ってくれた女性スタッフさんにお礼を言って、バナナを食べて、さあ最後の12km。

0421-15.jpg

あともう一山、へとへとになりのぼりきり、急な下りを泣きそうになりながらおります。膝ががくがくしてちゃんと足が着地できません。2時間近くかかっておりると

0421-16.jpg

「トレイル終わりは突然に」、トレイルから道路にぽこっと出ます。トレイル終了です。もう頭使わないで走っているだけでいいとほっとします。遠くに見える橋を渡ると湖です。

0421-17.jpg


最後の5km、湖沿いのアップダウンが一番のきついところです。足も動かず走っているような歩いているような、いろいろな歌をうたったりしながらしのいでいきます。

0421-18.jpg


トンネルだ、あと半分かな。

0421-19.jpg

次のカーブで出てくる、と何度も期待を裏切られ、やっと見つけた「はいここで降りて会場に」ののぼりが見えます。この瞬間が一番嬉しいです。

0421-20.jpg

会場に入ってもうすぐ、と喜ぶのもつかの間、そこからまだ長い。

0421-21.jpg

0421-22.jpg

ぐるぐる走らされます。最初参加したとき、「なんて意地悪なレースだ」「どこまで走らされるんだ」とびっくりしました。今はおちゃめで笑っちゃいます。

0421-21-01.jpg

完走証です。完走できました。たくさんの写真見て下さってありがとうございました。

posted by terada at 07:00| 2019年 大会の記録