2016年08月09日

8月7日京都を走ってきました

8月7日京都を走ってきました。

出発前、主催者の方から、「この暑さの中走っているわけですから、熱中症で倒れても、誰もかわいそうと思ってくれません。自分で何とかしましょう。やばいと思ったら川に飛び込んでください」と力説されていました。

0807-01.jpg

0807-02.jpg

0807-03.jpg

前半の山越えはまだ余裕で景色を眺めながら走っていました。

0807-05.jpg

0807-04.jpg

コースの途中で川沿いを走ります。ほとんどの選手がシューズごと川にどぶん。「気持ちいいから来なよ」と誘われましたが、川に入ると、多分喜々として泳いだり潜水したり、クイックターンもどきのことをしたりとはしゃいで怪我をするか、事故になるかと思い、断念しました。ただこの時点では、誰もこれからがきついレースになると予想はできなかったと思います。

0807-06.jpg

一度山をおり少し陸を走ります。とにかく暑い。


0807-07.jpg

この時点で、「もう一歩も歩けない」と立ち止まってしまいます。あと山ひとつ超えて、その後7kmのロードが残っているのに。

2度目の山越えは登りもきつく、暑さで足が出ません。ここで倒れても救急車ここまで来れないよな、このままアウトかなあと、身体がもつかどうか不安いっぱいで山を越えます。最後のロードは街中の暑い中走るもの。自販機で水を買って頭からかぶりながら走ります。水を被っても5分後には乾いています。

0807-08.jpg

ロード中の標識、見えにくいですが「今の気温36度」とありました。川を渡って15分ほど走ればゴールだよ、あと少しだよ。

0807-09.jpg

自撮り。ゴールして電車を乗り継いで京都駅に向かう途中。暑くて影をとりたかったのです。

0807-10.jpg

新幹線の中。お行儀わるくてすみません。足がつったまま治らなくて、折り曲げているしかなかったのです。日焼け止めをつけ忘れた耳たぶが日に焼けて痛いです。

posted by terada at 17:32| 2016年 大会の記録