2019年04月08日

NHKラジオ講座より

The foolish man seeks happiness in the distance, the wise grows it under his feet.
(James Oppenheim)
愚者は遠いところにある幸福を探し求め、賢者は自分の足元にある幸福を育てる。

毎日が普通に過ぎること、できればつらくなく過ぎること。食事がおいしくいただけて、数時間眠ることができたら他に欲しいものはないはずです。自分も家族もそんな日が続いてくれることが一番の幸せです。一日無事に過ぎることは奇跡に近いのかもしれませんが、ついそのありがたみを忘れてしまいます。

To love and win is the best thing.To love and lose is the next best.(William M.Thackeray)
愛して勝ち取るのがいちばんよい。その次によいのは愛して失うこと。

若いころは好きな人が振り向いてくれなくて辛い思いばかりしていました。今は大切に思う気持ち、好きな気持ちが一番ですね。相手が人であっても、ものや仕事であっても。好きで大切に思える気持ちをいつまでも持っていたいです。

posted by terada at 15:50| つらい時に

「日本平桜マラソン大会」です。

やっと春になりました。冬を越して、また2,3月という季節的に不調な時期を越して、皆さま本当にお疲れさまでした。
今日は日本平桜マラソンに参加しました。朝から暖かく、快晴でとても素敵な大会日です。雨の時も寒くて桜が咲いていない時もありましたが、今年は最高です。桜も楽しそうです。

0407-01.jpg

0407-02.jpg


会場に「かけるくん」がいました。初めて見ます。何のキャラクターかわかりませんが、きりっとした顔が素敵です。

0407-03.jpg


会場近くの芝生に荷物を置いてジャージを脱いだり寝転がったりしていました。芝生が背中にちくちくして気持ちいいです。隣にいらしたご家族のちっちやな男の子が傍に来てじっと見ていました。お父さんから「こらこら」と言われていました。とてもかわいかったです。

0407-04.jpg


10kmに参加しました。8時30分スタートです。8時15分に23kmの選手がスタートしました。一度23kmに参加したことがあります。制限時間の2秒前にフィニッシュして、そのあとすぐ爪がはがれて片足はだしで帰りました。帰るとき、置いてあった自転車が倒れてチェーンも外れていました。しゃがむと足はつるし、寒いし、はだしだし、で泣きそうになりながらチェーンをなおして帰ったことを覚えています。もう23kmは走れないと自信をなくしたところにたくさんの選手が走っています。みんな、がんばれ。

今回は友人が応援してくださるとのことで、がんばりました。後半は鼻水をふく元気もなくぐちゃぐちゃの顔で無事フィニッシュできました。応援してくださる人がいるとがんばれますね。でも、悲しいことに私は友人を見つけられなかったし、友人も私がわからなかったそうです。

芝生にもどり荷物をまとめて、そこにあるお世話になった桜の木に挨拶をして帰りました。

0407-05.jpg


この大会で一番楽しみにしていることが、「静岡農業高校吹奏楽部」の演奏です。スタートの時この演奏でどんなに元気づけられるか。終わっても会場でしばらく演奏してくださいます。生徒さんたちがとっても一生懸命で可愛く、もちろん演奏はすばらしく、ここまで毎年ご指導されている先生はすごいです。

0407-06.jpg


posted by terada at 15:27| 2019年