2020年11月21日

「ハエトリグモ」と「カネタタキ虫」

皆様こんにちは 今回は「ハエトリグモ」と「カネタタキ虫」の話です。

ハエトリグモ、ご存じでしょうか。自宅でよくみかける、5-10mmの小さなクモです。巣を張らないでびょんぴょん飛んで小さな虫を捕獲します。前後合わせて8つの目を持っていますが、全面にある2つの大きな目が特徴的で、とてもかわいいです。前足で目を掃除するようにぐるぐるきれいにしている様子もみられます。時々自宅で遭遇しますが、多くて月に1回程度、どこにいるのだろうと思います。

最近クリニックでも見かけます。かわいくて捕まえて持って帰って自宅に放つこともあります。

1か月ほど前、クリニックにあるグリーンあたりで「ちっちっちっち」と虫の鳴き声が聞こえていました。虫は小さくて、見つけることはできませんが、その正体が「カネタタキ」というのはスタッフさんが教えてくれました。グリーンの葉っぱを食べてしまうので駆除し、しばらくは鳴き声は聞こえてきませんでした。

先日診察室でカネタタキの鳴き声が聞こえました。隅々まで探しましたがみつかりません。診察室の外にちょうどハエトリグモをみつけたので、「お前、頼むぞ」と診察室に入れ、カネタタキを捕獲してもらおうと考えました。数日でカネタタキの鳴き声は聞こえなくなりましたが、ハエトリグモの姿も見えません。 


大学時代、農家の納屋のような離れに下宿していました。2階にはだれも住んでいませんでしたが、夜になるとネズミたちが走り回り、その音で眠れなくなりました。大家さんにネズミ何とかしてくださいとお願いしたところ、近所からネコを借りてきて2階に放ったのです。そのネコはあまりネズミ捕りが得意でなかったためか、ネコが帰った後もネズミはとても元気そうに走っていました。残念でした。


ふとそのことを思い出しました。

クリニックは朝から診察が始まる前まで窓を開け、空気を入れ替えます。いつの間にか、待合室に鳥が迷い込んでいました。カラスより小さく、スズメより大きな鳥です。何とか怪我なく窓から出てもらうよう誘導していましたが、鳥はパニックになったのか、なかなかでられません。私も静かに待機してじっと待っていたらいつの間にか出ていきました。


何ともないことですが、ちょっと報告です。

0-37.jpg


posted by terada at 21:07| つらい時に