2023年09月30日

9月24日三河高原トレイルラン大会に参加しました

いつまでも暑いですが、朝夕は涼しくなりました。朝出勤の時と帰る時は自転車のライトをつけるようになって、季節の変わり目を感じます。ついこの間まで4時過ぎには明るくなっていたのに、今では5時過ぎまで暗いですよね。知人にコオロギのつがいをもらって飼っています。早朝の涼しいときに鳴いていますが、今年は鳴き声が弱いので少し悲しいです。

9月24日三河高原トレイルラン大会に参加しました。コロナで中止になっていたので4年ぶりです。今年は募集人数も少なく、ロングのみとなりました。ショートに参加していたので走れるか不安でしたが、だめもとです。

1週間前から緊張で元気がでず、当日も3時に起きて始発の新幹線にのり豊橋から名鉄に乗り換え、「本宿」駅からシャトルバスで1時間ほどの鬼久保ふれあい広場がスタート地点です。10時スタートでしたが、すっきり晴れやや暑いくらいでした。スタートから最後を死守、スタッフさんが少なく、案内のための旗や赤い布の印もかなり少なかったようです。

第2ポイント前に集団遭難、前を走っていた30名ほどの選手がもどってきて「どうもこの道間違っているみたい」とその集団の最後を必死でついていきました。第2ポイントの時間制限を何とか通過、あと10kmになりました。そこからほぼ山道を走るのですが、草が肩くらいまで茂り、前がほぼ見えない、ほかの選手もどこへいるかわからない、あれ、この道おかしい、と思い、目の前が崖になっているのに気づき、「これは間違っている」と悟りました。前の道に戻るのが鉄則ですが、もどってもどんどん山奥に迷いこみ40分ほどうろうろしていました。怪我だけはしないように注意しながらややパニック状態になっていました。大会の電話番号がわからず、警察に電話するしかないか、と思っていたところやっともときた道をみつけ、第2ポイントに戻り、まだスタッフさんがいらっしゃるのに気づきほっとしました。また一人であの山を走るのが怖く自信がなくなって「ここでやめます」とリタイアしました。

今までの大会で経験したことのない「リタイア」。しばらく待って大会関係者の年上の男性の方が車に乗せてくださり、大会まで連れて帰ってくださいました。「リタイアは悔しいよね」とのお言葉で泣いてしまいました。何一ついいことのないリタイア、終わっても消化不良でもやもやしてうつうつしてしまうリタイア、あの時一人で山を走っていれば十分フィニッシュできたのに、と後悔してしまうリタイア。

シャトルバスを待ち、名鉄にのり新幹線に乗り換えやっと遅い昼食をとって、でも悔しくて。来年も練習してリベンジしてやるぞ、とひっそり思いました。家にもどって洗濯して、びしょびしょになったシューズを洗って即寝ました。

IMG_0626.JPG


IMG_0630.JPG


会場のふれあい広場です。今までの人数からかなり縮小して少人数です。素敵な青空です

IMG_0631.JPG


IMG_0632.JPG


スタートしてまもなくの景色、びりを死守して前後に人がいなくなりました。まだ山に入ってないのに。

IMG_0633.JPG


IMG_0634.JPG


長い上り坂を登りやっと林を抜けたときのほっとした気分、すぐ林の中に入ります。ここから1時間必死で走ってやっと第2ポイントに制限時間内に到達しました。その後はなんやかんやで写真とっていません。

posted by terada at 00:36| 2023年

2023年09月02日

8月27日荒川のマラソン大会に参加しました

台風が去ってまた暑い日が続いています。コロナも増えています。皆様お身体にお気をつけてください。日はどんどん短くなって秋はそこまで来ています。

8月27日荒川のマラソン大会に参加しました。天気予報では、雨後曇り、それほど暑くないだろうと思っていましたが、晴天で暑かったです。北千住駅から15分ほど歩いて会場です。すでに暑くて走れるか不安になります。

IMG_0604.JPG


IMG_0605.JPG


ほぼビリ状態、制限時間ぎりぎりでフィニシュしました。ふらつきながら荷物のところに帰ると、スタッフさんから「おめでとうございます。この種目の女子で1位でした。来月の同じ大会に無料で参加できます」と言われました。何かの間違いじゃないかとびっくりしました。私ほぼビリですよ。私の後ほとんど人いませんよ。「?」のまま荷物を持って服も着替えないで駅に向かいました。ふらふらと歩いて地下鉄の駅のトイレで着替えました。着替えが難しいのです。足がつってもどらなくなるからです。秋葉原の階段途中で足が挙がらなくなり、必死でした。東京で新幹線にのってやっと大会のサイトを確認しました。女性でエントリーしている人は10人以下ぐらいいましたが、当日走った人は私含めて3人、最後まで走り切った人は私ともう一人
のみでした。

静岡で降りるとき、隣の席の若い男性がぐっすり寝込んでいて、テーブルにもたくさん荷物を置いているので、奥の席にいる私は出られません。声をかけましたが、おきません。肩をたたいてもだめ、上半身を大きくゆらし、やっとおきてくれました。ごめんなさいね。

IMG_0606.JPG


IMG_0612.jpg

posted by terada at 01:23| 2023年