2016年06月10日

学会のシンポジウムの1つ、「精神科臨床倫理の在り処 守秘義務をめぐる倫理的課題」

学会のシンポジウムの1つ、「精神科臨床倫理の在り処 守秘義務をめぐる倫理的課題」

 守秘義務とは、医療関係ないで言えば、医師、看護師、薬剤師などが、職務で知ったことを他に伝えた場合、処罰の対象になるものです。その情報は患者様が亡くなられた後も、もちろん医療関係者が仕事を辞めた後も守られます。

 患者様が診察上でお話しされたことは、患者様が「伝えてもいい」と同意して下さらない限り、会社の上司、友人はもちろんのこと、ご家族にもお伝えできないことになります。旦那様に通院していることを言わないでいらしている方もいらっしゃるだろうし、未成年の患者様でも、親には言いたくないと思う内容もありますよね。もちろん、ご家族にはどうしても伝えないといけないと判断した場合、例えば死にたい気持ちが強く、今日夜にでも死ぬつもりでいるとか、はご本人に、これはお母さんに伝えます、と伝え、できればご本人を交えてご家族と話あうという設定にします。
 会社の上司が主治医との面談をご希望されている時も、ご本人に了解を得て、上司とご本人と3人で話し合うようにします。

守秘義務に関しても、たくさんの問題があります。
 患者様が被害妄想により誰か特定の人を殺す、と強く思って、それを主治医に語ったとき、主治医の守秘義務はどうするか。などの他者被害防止のためは守秘義務はどのように解除されるのがいいのか。
 自宅の近所の人に対し「大声で叫んだり威嚇してくる」などの迷惑行為をしている。近所から保健所に苦情がある。その方がもし医療機関に通院されていた場合、近所の方にその情報は伝えることはできません。保健所など行政のスタッフさんと話し合うことになるのですが、守秘義務のない、地域の民生委員のかた、あるいはボランティアの方にはその情報は伝えられないことになります。

最近では認知症の方を地域で見守ることも多くなりました。その場合、医療情報をどこまで伝えられるのか、も今後の課題です。

 といった守秘義務に対するシンポジウムに参加しました。
 
posted by terada at 12:31| 病気、その他について