2017年06月15日

6月11日「秩父の名峰 武甲山トレイルラン」に参加しました

6月11日「秩父の名峰 武甲山トレイルラン」に参加しました。
ハードすぎて昨年「これで最後にしよう」と思ったのに、どうしてエントリーしたのでしょうか。雨だったらやめようと思っていたのに、どうして晴れたのでしょうか。一杯の緊張と不安で、大会前日静岡を出発しました。

0611-01.jpg

池袋から「レッドアロー号」に乗ります。東京にいた頃は、「料金の高い列車」と見向きもしませんでした。普通の電車だと西武秩父駅までとんでもなく長くかかりますが、アロー号だと1時間30分で到着です。飯能駅でスイッチバックするため、進行方向が変わり、後ろ向きで走ります。わくわくの列車です。

0611-02.jpg

西武秩父駅からの武甲山。午後6時頃です。さてホテル前まではすぐ、のはずが見当たりません。聞くと、「遠いよ、40分かかるよ」と。おかしい、駅前にあるはずのホテルが。そう、西武秩父駅でなく秩父鉄道の秩父駅前にホテルをとっていたのです。歩くこと40分。

0611-03.jpg

その秩父鉄道秩父駅前ホテルからの武甲山、翌日朝6時頃です。

0611-04.jpg

開会式で見上げる武甲山。制限時間7時間30分以内で何とかもどりたいなあ。山の向こう側のセメント工場みたいなあ。

0611-05.jpg

9時30分スタート。武甲山頂上をめざして上ります。まだ余裕です。

0611-06.jpg

正午、頂上到着。御嶽神社前にスタッフさんが巫女さん姿で応援してくださいます。

0611-07.jpg

あとは下りかなという束の間の期待。そのあとは子持山、大持山と2つの山を越えます。まだ上るの?とがっかり感を越えてあきらめ、どうにでもなれって感覚でただただのぼります。3つ目の山を越えついに下りに。激下りの連続で、ひとときも気が抜けません。

0611-08.jpg

午後2時30分頃。急にロードに出ました。そう、例のセメント工場の登場です。今年も出会えました。

0611-09.jpg

今回多めに写真をアップします。興味のない方すみません。

0611-10.jpg


0611-11.jpg



0611-12.jpg


0611-13.jpg


0611-14.jpg


0611-15.jpg

工場を過ぎ、振り返って見た武甲山。崩壊した姿が悲しいです。残りあと2km、すでにゴールして帰宅途中の選手たちと道ですれ違い、「あと少し」「ナイスラン」「歩いても着くよ」と声をかけてもらいながらの一人旅。みんな優しいです。「あと1km」の看板をみて、「海よりもまだ深く、空よりもまだ青く」と唱えながら進みました。どうしてかわかりません。午後3時過ぎフィニッシュ。着替えてすぐ駅に。後ろ向きで走る「スイッチバックするレッドアロー号」に乗り、車中で遅い昼ごはんを食べました。

posted by terada at 00:58| 2017年 大会の記録