2018年08月31日

お盆休みに故郷愛媛にお墓参りに行ってきました。その帰り、鳥取の海で泳いできました(3)

松山から鳥取へ

災害後やっと走れるようになった特急列車「しおかぜ」に乗って、瀬戸大橋を渡り、岡山まで。
岡山から特急列車「いなば」で鳥取へ。

岡山駅に着いて「いなば」の乗り換え時間が数分だったので、走ってホームに行きました。食べもの、飲み物買う時間がありませんでした。「いなば」は途中から中国山地を超えるために坂を上っていきます。電力を使うから冷房も強くなるのでしょうか。「いなば」の中で、持っているありったけの服を着込んでも寒くてひもじくてちょっとつらかったです。

08-11.jpg


08-12.jpg


お昼頃鳥取駅に到着。駅前の広場に座って冷えた身体を暖かくしました。
最初は鳥取砂丘へ。この時間から38度になりへろへろしながら歩いていました。観光客も少なかったです。

鳥取に着いたので「村上さんのところ」(村上春樹著)から

「自分のこと好きになる必要なんて何もありません。どうして自分のことを好きにならなくちゃいけないんですか?誰がそんなことを決めたんですか?まず自分に何ができるかを考えてください。そしてそれを、少しでもいいからやってみてください。手を動かして、身体を動かして。それから自分のことが好きになれるかどうか、考えてみたらどうですか。」

友だちがいない、欲しくもない という相談に対して
「48歳既婚で、友達がいない。普通だと思いますよ。いなくてもとくに不自由ありませんよね?だったらそれで何の問題もありません。ちっとも気にすることありません。友だちの多さと、その人の人間的魅力は、必ずしも連動していないと思います。」

娘が不登校に、という相談に対して
「もし勉強することがいやでないのなら、学校に通わなくても、自分で勉強をして、大学に進めるような道を探してあげてください。そういう方法は必ずあります。

学校を拒否するのは敗北ではありません。ただの宣言です。その力を良い方向に向けなくては。お母さんが泣いていては話が前に進まないでしょう。」


08-13.jpg

08-14.jpg


鳥取で行きたかったのは、砂の美術館と「人の少ない海水浴場」です。
今日は「砂の美術館」。一時「日本で唯一スターバックスのない県、鳥取県」で騒がれましたが(今はスタバあります)、その前から有名になっていた「すなば珈琲」。いいですね。味がありますね。
いよいよ砂の美術館です。
08-15.jpg

08-16.jpg


「砂で世界旅行 北欧編」 毎年展示されている場所が変わります。アメリカ、ロシア、中国、など。とにかく圧巻ですね。一番いいのは人が少ないこと、静かなことです。でも暑い。

08-17.jpg


08-18.jpg


製作者たちの写真もあります。遠くからありがとうございます。

08-19.jpg

08-20.jpg


美術館を出て、「らっきょう畑」へ。らっきょうも鳥取の名産です。春には白いきれいな花が咲きます。

しばらく外の日陰で海を見ていました。暑さで頭がくらくらしてきましたが、心地いいです。駅行きのバスが来たので乗って帰りました。バスの中も人が少なくて。暑いバスの中から外をゆっくり見ていました。

08-21.jpg

08-22.jpg

posted by terada at 00:24| 2018年旅