2018年11月15日

グリーンが弱ってきました


201811.jpg

開院時からクリニックにあるグリーンが弱ってきました。思い切って近くのお花屋さんに相談し新しいグリーンに入れ替えました。
弱ったグリーンは自宅で育てるつもりだったのですが、お花屋さんの大将が、「これはだめだ。根からやられてるよ」と。10年近く一緒だったグリーンのことを思うとがっくりしました。その夜大将が「生き残ったところを寄せ集めて作ってきたよ」と自宅に持ってきてくださいました。「これからもがんばれよ」と言われ励まされました。大切にします。

ラジオ講座より

Words are,of course,the most powerful drug used by mankind. (Rudyard Kipling)
「ことばとは、言うまでもなく、人類が使う最も強力な薬物だ」
人の言葉や態度で気分が落ち込んだり元気になります。家族や職場の人、知らない人からのちょっとした言葉で気持ちは大きく変わります。自分がどんなにしんどくていらいらしても人を傷つける権利はないとわかっていますが、そうできないときもあります。不適切なことを言ったり、傷つけてしまうことを言ってすごく落ち込みます。ごめんなさい。

The best preparation for good work tomorrow is to do good work today. (Elbert Hubbard)
「明日いい仕事をするための最良の準備は、きょういい仕事をすることだ」
「仕事」というのは会社に行っての仕事だけでなく、「生きていく」ことが仕事だと思います。とにかく今日生き抜くことで明日につながると信じて、つらい今日もやりすごしましょう。

Every wall is a door. (Waldo Emerson)
「壁のひとつひとつが扉なのだ」
いいことばですね。八方ふさがりの壁でどうにもならないときがあります。でもある時、その壁が扉に変わって、自然に開いていくのですね。壁じゃなくていつか開く扉です。

posted by terada at 20:45| つらい時に

2018年04月09日

暗闇の自分

Everyone is a moon, and has a dark side which he never shows to anybody.
(Mark Twain、ラジオ講座テキストより)
人間は皆、月である。決して誰にもみせない暗い面を持っている。

自分がみじめで人が羨ましく思う時、ありませんか。何も悩みがなくて幸せそうで。病気なんか持ってなくて、家族も元気で、仕事も順調。前向きでいつも誰かと笑っている人ばかり目について、自分が嫌になってしまう。

どんなに立派な人でも、いつも笑顔の人でも、辛いことがない、困っていることがないなんて人はいないんじゃないですかね。誰にも言わないだけで、暗闇の自分は持っています。

つらいことも悔しいこともどうにもならないことも、みんな持っていると思いますがどうでしょうか。


0409.jpg

昔アメリカのルート66を車で走った時、あこがれのモーテルに泊まりました。映画や海外ドラマでよく殺人現場になる場所です。ピンボケですが。 アリゾナ州だったかな。

posted by terada at 08:00| つらい時に

2018年01月25日

冬至からほぼ1か月過ぎました

長い間ご無沙汰しています。皆様お変わりありませんでしょうか。先週から寒さが厳しくなりました。風邪もインフルエンザも勢いが強くなっています。


静岡市に住むようになって今年が一番寒く感じます。
昨日も風花が舞っていました。
静岡以外では見られることは少ないかもしれませんが、とてもきれいです。
ただ、雪は降らないし、晴れている日がほとんどなので、冬でも布団や洗濯物が干せるたり、自転車に乗れたり車も普通に運転できるところは最高ですね。さすが静岡市です。


冬至からほぼ1か月過ぎました。
日の出時間はここ数日でやっと少しずつ早くなっています。
静岡の今日の日の出時刻は6時50分です。
1月初めは6時56分。やっと6時50分になりました。
がんばれ、太陽。


さて、先週あたりから不調な時期になってきました。春先の不安定になりやすい季節ですね。眠りが浅かったり、いらいらしたり、変に気分が高揚してたくさんの人にメールしたり、買い物したり、その反動で動くのが嫌になったり、人や音が気になったり。春に向けてエネルギーが高まっていくのですが、それに身体や気持ちがついていかなくてしんどい状態です。あまり予定を入れすぎないように気をつけて自宅でゆっくりできる時間を増やしてください。


Perhaps the day may come when we shall remember these sufferings with joy.
(Virgil:NHKラジオテキストより) 
「この辛いことを、あんなこともあったなあとほっとして思い出す日がくるかもしれません」


「最初につらい思いをしてクリニックに来られた時、今日みたいな日が来るからと知っていたらよかったですね」と、調子がもどって楽になった患者様と言い合うことはよくあります。

今つらくてもいつか「そんな時もあった。よく乗り越えたなあ」と思う時が来ます。

IMG_0003.jpg

年末東京へ行く新幹線の中からの富士山です。下手な人が撮っても富士山はきれいですね。

IMG_0004.jpg

今日の朝の部屋の気温は4.3度でした。もう慣れました。

posted by terada at 18:44| つらい時に