2017年03月21日

お母さんにとってブルーな季節となりましたね

 子供たちが春休みに入りました。お母さんにとってとてもブルーな3週間です。一緒に外で遊んだり、昼の食事を作ったり、いつもいない時間に子供が家にいるということはとても大変です。夏休み、冬休みと違って大きなイベントはなく、旦那様はお仕事でいなくて、子供の相手は、自分一人です。

 自分だけの時間がなくなるので、夕方から必要となるエネルギーをためることも、気持ちをリセットすることも難しくなります。

 3,4月は卒業、入学のシーズン、さまざまな集まりや役員の取り決めなどいつもにはない予定が入ります。お子さんも環境が変わりナイーブになっています。

 お母さんだったら、みんなやっている当たり前のこと、と思う方もいらっしゃると思いますが、お母さんは、日々緊張し、疲れ、がんばっていることを少しでもわかってもらえたらと思います。

 スーパーや公園、あなたの周りで出会う、子供を連れたお母さんを見たら、暖かい目で見てください。

posted by terada at 00:03| つらい時に

2017年01月28日

気になって気になって普通に生活できません


 ガスを止めたかなあ、コンセント抜いたかなあ、窓のカギかけたかなあ、ドアのカギ大丈夫かなあ。水道止めたけど、水出てないかなあ。ふと気になって家に戻ってみた経験はありませんか。気になる内容は人によって違います。それが変わっていくこともあります。

・戸締り、ガスを止める、電気を消すがちゃんとできているか
・菌や汚いものがついていないか、踏んでしまって、それが広がっていないか
・怖い病気、死に至る病気になっていないか
・大切なものを落としていないか、車や自転車で走っている途中人をひいていないか、物にぶつかっていないか
・人とすれ違いざまに殴ってしまわないか、変なことを言わないか
などがよくみられます。

 気になり度合いが強くなると、日常生活を普通に送ることが難しくなります。戸締りの確認に数時間かかることもあります。手洗いや洗濯に半日かかります。水道代が半端なくかかります。時間もとられます。手洗いのため入浴する時間がなくなる、汚いと思うところを拭くことに時間を使って、部屋全体を掃除する余裕がなくなることもあります。人に嫌なことをしてしまう、車でひいてしまうと不安になり外出できなくなります。自分なりの確認方法があり、それを行わないと次に進めなくなります。

 頭では馬鹿なこととわかっていながら、それをやめることもできず、その葛藤によって疲れ切ってしまいます。この状態になるときは、きっかけがある場合とない場合もあります。仕事や家庭でストレスのかかる状態が続いて、疲れていると起きやすくなります。

 人に相談しても「気にするな」で終わります。一人で抱え込むことになり、非常につらくなります。

 お薬の治療でゆっくりですが徐々に症状が軽くなってきます。困っている方はあきらめないで。

posted by terada at 20:19| つらい時に

寒いですね。お風邪大丈夫でしょうか

 寒さが強く、「春先」というには早すぎる時ですが、今週から、「春先特有のちょっと嫌な時期」が始まったような気がします。この時期は、早く目が覚める、いらいらする、不安になる、焦る、気分にむらがあり不安定になる、いつもなら気にならないような、他人の言動、音、声などが気になる、故意に、悪意を持ってうるさくされているような気がする、道を歩いていても人から変な目で見られている気がする、などが出てきやすくなります。

 人間も動植物も、春に向けてエネルギーが高まっていく時期です。私たちは、「元気になる」というより、「敏感になる」「落ち着かない」「いらいらする」「眠れない」という形で、エネルギーの高まりが心と身体に出てきます。

 自分の調子が悪くなったと思わないで、季節的なものかもしれません。2月下旬頃になると落ち着いてきますから。

posted by terada at 20:15| つらい時に