2016年07月19日

眠れない

 たくさんの人が眠れなくて困っています。

 いつでもどこでも何時間でも眠っていた中学高校時代、起きたら「夕方?」と笑っちゃうほど寝ていた大学時代。大人になって、いつまでも眠れることが少なくなり、なかなか寝付けない、夜中に何度も目が覚めてしまう。「今日ちゃんと眠れるかなあ」と夜になるのが怖くなること、ありませんか。

 「不眠」の症状は、寝つきが悪い、途中で目が覚めてしまう、朝早く目が覚めてもう一度眠れない、熟睡できない、などの特徴があります。眠れないことが続くと疲れがたまり、身体も気分も不調になります。眠れなくてお布団のなかで、「今日は眠れないなあ」と思うだけならいいのですが、不安が強くなる、悪いことばかり考える、昔の嫌なことを思い出す、など嫌な気分を伴うととてもつらいことになります。

 明日大切なイベント(重要な会議がある、結婚式に出る、子供が受験する、同窓会に出るなど)がある、今日久しぶりに友人と会って楽しくて興奮した、家族が病気になってしばらく治療が必要になった、など、漠然としたものでなく、これという不安がある時やいつもの生活と違って気分が高まることがあった日など眠りにくくなります。あまりにも疲れているときもかえって眠れなくなることもあります。一方、うつ病、不安障害、統合失調症など精神科的な病気には不眠が一つの大きな症状となります。

 いい眠りをとるための方法は、寝る前は刺激の強いテレビはみない、ゲームはしない、テレビをみながら寝ることはしない、昼間軽く身体を動かす、眠くなるまで布団に入らない、お酒は飲みすぎない、など言われていますが、試してみてもうまくいかないときもありますよね。一日リラックスして生活すればそのままよく眠れるけど、強いストレスを受けたり、気分が安定していないときは、何を試しても眠れないことがあります。

1週間以上眠れない日が続いて身体・気持ちの不調を感じるようなら、不安を軽くする抗不安薬や睡眠薬を一時的にのむ方法もあります。最近はいろいろな種類の睡眠薬も出てきました。のまなくても、持っているだけで安心して眠りやすいという方もいます。

 「寝るにもエネルギーがいるのですね」とおっしゃった方がいました。休むための睡眠なのに、不思議ですね。


201607-01.jpg

 夏になりましたね。早朝から近くで蝉が鳴いています。しばらく見ていましたが、お腹を力強くぐいぐい動かして鳴いています。愛おしい!

201607-02.jpg

 数年前に行った南の島。原風景のままでした。

posted by terada at 06:00| つらい時に

2016年06月10日

バク転の先生に了解を得て


201606-03.jpg

201606-04.jpg


「久米体操クラブ」の若い男性の先生です。安部川駅前にあります。このビデオを撮ってくださっているので写っていませんが、もう一人の先生は奥様の女性の方で、背中に小さいお子様をだっこされ、もう一人の女の子もみながら生徒さんのご指導をされています。

いつも優しく指導してくださって感謝です。
posted by terada at 12:38| つらい時に

2016年05月16日

自分の子供が可愛いと思えなくてもいいのです

自分の子供が可愛いと思えなくてもいいのです

出産後数か月たった頃から、体調が崩れ、気持ちが不安定になることがあります。女性ホルモンの変動に伴って、気分に関連するホルモンが不安定になりやすいことから起こると言われています。またその時期は赤ちゃん中心の大変な生活になります。授乳や赤ちゃんの夜泣きで夜眠れません、スーパーの買い物も、トイレに行くのも大変になります。赤ちゃんの様子がいつもと違うと不安になり、病院に連れて行こうかどうかすごく悩みます。旦那様の帰りが遅い、休日も仕事があると言われると、すべて自分ひとりで対応しないといけません。自分の母親に来てもらったり、実家に連れて行ったりすると随分助けてもらえるのですが、実家が遠かったり、母親に頼ることができないこともあります。

その状態が続くと、身体も気持ちもだるく憂うつになります。
赤ちゃんにとてもイライラして、自分が情けなくて、「自分は母親の資格はない」とつらくなります。

気持ちを旦那様や母親に伝えることは、実はかなり勇気がいることです。子供が生まれ一番楽しい時のはずなのに、「つらい」、「こんなことなら産まなければよかった、って思うこともある」なんて言えない。わかってもらえない。

思いきって母親に「しんどい」と言っても、「母親はみんな大変、昔は子供3人も4人も育ててきたのだから」とはっぱかけられると、それからはなかなか言い出せなくなります。

家で赤ちゃんと2人きり、社会から切り離されて、孤独を感じます。夜眠れない、つらくて赤ちゃんと一緒に泣いて、こんな状態が続くなら赤ちゃんもちゃんと育たない、と悪いことばかり考える生活。病院に行けばいいのか、でもどこの病院へ?どうやって?赤ちゃん連れて病院なんて行けない。病院に行っても授乳しているので薬なんてのめない。

出産後このような状況になることはよくあります。こんな時は、自分の赤ちゃんが可愛いと思えないものです。でもあなたのせいではありません。だれか、ご家族、友人、あるいは健診で行く保健センターの保健師さんに相談してみてください。授乳していても、赤ちゃん連れても何とかなります。何かいい方法がありますから。

201605-00.jpg


2か月前より体操教室に通ってバク転の練習をしています。この年でバク転したいと言っても断られると思っていたのですが、「いいですよ」と言ってくださいました。若いご夫婦の先生が教えてくれます。支えてくれているのが先生、回って練習しているのが私です。

posted by terada at 05:24| つらい時に