2017年06月15日

6月11日「秩父の名峰 武甲山トレイルラン」に参加しました

6月11日「秩父の名峰 武甲山トレイルラン」に参加しました。
ハードすぎて昨年「これで最後にしよう」と思ったのに、どうしてエントリーしたのでしょうか。雨だったらやめようと思っていたのに、どうして晴れたのでしょうか。一杯の緊張と不安で、大会前日静岡を出発しました。

0611-01.jpg

池袋から「レッドアロー号」に乗ります。東京にいた頃は、「料金の高い列車」と見向きもしませんでした。普通の電車だと西武秩父駅までとんでもなく長くかかりますが、アロー号だと1時間30分で到着です。飯能駅でスイッチバックするため、進行方向が変わり、後ろ向きで走ります。わくわくの列車です。

0611-02.jpg

西武秩父駅からの武甲山。午後6時頃です。さてホテル前まではすぐ、のはずが見当たりません。聞くと、「遠いよ、40分かかるよ」と。おかしい、駅前にあるはずのホテルが。そう、西武秩父駅でなく秩父鉄道の秩父駅前にホテルをとっていたのです。歩くこと40分。

0611-03.jpg

その秩父鉄道秩父駅前ホテルからの武甲山、翌日朝6時頃です。

0611-04.jpg

開会式で見上げる武甲山。制限時間7時間30分以内で何とかもどりたいなあ。山の向こう側のセメント工場みたいなあ。

0611-05.jpg

9時30分スタート。武甲山頂上をめざして上ります。まだ余裕です。

0611-06.jpg

正午、頂上到着。御嶽神社前にスタッフさんが巫女さん姿で応援してくださいます。

0611-07.jpg

あとは下りかなという束の間の期待。そのあとは子持山、大持山と2つの山を越えます。まだ上るの?とがっかり感を越えてあきらめ、どうにでもなれって感覚でただただのぼります。3つ目の山を越えついに下りに。激下りの連続で、ひとときも気が抜けません。

0611-08.jpg

午後2時30分頃。急にロードに出ました。そう、例のセメント工場の登場です。今年も出会えました。

0611-09.jpg

今回多めに写真をアップします。興味のない方すみません。

0611-10.jpg


0611-11.jpg



0611-12.jpg


0611-13.jpg


0611-14.jpg


0611-15.jpg

工場を過ぎ、振り返って見た武甲山。崩壊した姿が悲しいです。残りあと2km、すでにゴールして帰宅途中の選手たちと道ですれ違い、「あと少し」「ナイスラン」「歩いても着くよ」と声をかけてもらいながらの一人旅。みんな優しいです。「あと1km」の看板をみて、「海よりもまだ深く、空よりもまだ青く」と唱えながら進みました。どうしてかわかりません。午後3時過ぎフィニッシュ。着替えてすぐ駅に。後ろ向きで走る「スイッチバックするレッドアロー号」に乗り、車中で遅い昼ごはんを食べました。

posted by terada at 00:58| 2017年 大会の記録

2017年05月31日

5月28日「新緑の多摩川渓谷を遊覧走!青梅街道から吉野街道」に参加しました。

5月28日 「新緑の多摩川渓谷を遊覧走!青梅街道から吉野街道」に参加しました。


0528-01.jpg

スタートは東京中央線 拝島駅前。20歳代の頃、中央線や西武線の「拝島行き」の電車を見て、拝島の「拝」と「島」の組み合わせが遠く異国の地を思わせ、少し怖い印象がありました。今は拝島駅がこんなにきれいで明るい駅になっています。

0528-02.jpg

主催者の藤田氏は今日はバイク。参加者は私を含めて4人。私以外の3人はウルトラをめざしているレベルの違う青年たちでした。

0528-03.jpg

拝島駅から五日市街道を11km走り、

0528-04.jpg

五日駅前に到着。

0528-05.jpg

そこから秋街道を走ります。

0528-06.jpg

2つの峠を越えますが、山の中に斎場、老健施設、リハビリ施設、産業廃棄物処理施設など点在しています。

0528-07.jpg

セメント工場。好きなんですね、この匂いとそこからくるひんやりとした風が。

0528-08.jpg

秋川を渡り


0528-09.jpg

秋川街道から青梅駅近くの商店街に入るといきなりこの看板。「ここがいいのだ」「青梅に遊びに行くニャロメ」一体何?

0528-10.jpg

商店街は昭和の雰囲気


0528-11.jpg

青梅赤塚不二夫会館 「お暑いのは苦手」だそうです

0528-12.jpg

ニャジラっていったい

0528-13.jpg

「猫とともに去りぬ」

0528-14.jpg

ここはシネマチックロード

0528-15.jpg

青梅がこんなことになっていたなんで知りませんでした。


posted by terada at 10:41| 2017年 大会の記録

2017年05月10日

5月7日「京都一周トレイル4分割 その1 東山編」に参加しました

5月7日「京都一周トレイル4分割 その1 東山編」に参加しました。
連休も終わりました。自宅でゆっくりされていた方も、ご家族の対応で追われていた方もお疲れさまです。日常と違うことをするのは疲れますね。

0507-01.jpg

京都一周を4回に分けて走ります。いつもどこを走っているのかはっきりわかっていなかったので、京都市の地図に走るルートを黒マジックで書いてみました。約30kmを制限時間6時間以内で走ります。


0507-02.jpg

京都駅より南、桃山御陵前駅近くの「伏見公園」がスタート。滑り台すべってみました。けっこうお尻にきますね。子供は強いです。

0507-03.jpg

この企画が雑誌に掲載され、「参加人数が増えて嬉しい悲鳴です」、と主催者が語っていました。何より主催者さんたちのお人柄が一番のポイントです。カフェのマスター、奥様を中心に、えんじ色のシャツを着ているスタッフさん(ボランティアさん?)が主催者です。


0507-04.jpg

深草ルートF1スタート。F2,F3と標識通り走ります。

0507-05.jpg

F15あたり。スタート直後、「紀伊国屋少年」さんから声をかけてもらいました。今日も紀伊国屋のレジ袋を片手にすごいスピードで山を駆け抜けていました。

0507-06.jpg

京都らしい風景です。


0507-07.jpg

深草ルート34まで走り、稲荷山山頂を下りて東山ルートに入ります。

0507-08.jpg

15km走り、南日吉公園でおにぎりタイム。「こちらですよ」と道しるべしてくださるスタッフさん。

0507-09.jpg

蹴上、日向大神社を通り(皆さまご存じですか?これらの地名。有名らしいですが知りませんでした)、東山41。ここから大文字山を上がります。


0507-10.jpg

山頂から見る市内。「すごー」とか「ほー」としか言葉でません。

0507-11.jpg

大文字山火床。大の字の二画目を狭い階段で下ります。両サイド何もなく下までよく見えるので怖い怖い。延々と下り、途中で身体の動きがおかしくなりそうです。

0507-12.jpg

下から見上げると。

0507-13.jpg

山を下って銀閣寺、お土産物屋さんが並ぶ参道を通ります。観光客とすれ違うのここくらいです。コースを厳選してもらって感謝ですね。

0507-14.jpg

2時30分頃フィニッシュ。いつも写真撮ってくださるスタッフさんの腰の入れかたが好きで私も写真撮りました。今日はマスクですね。

0507-15.jpg

二度目のコンプリートでした。長いタオルもらっちゃいました。近くの銭湯に入り、バス40分で京都駅に。京都駅は混んでいました。駅のラーメン屋さんで遅い食事をしました。店内にある大きな木彫りの熊を見て思い出しました。去年この大会の後、この店に来たんだ。座っている席まで去年と一緒。人って変わらないなあとちょっと感動です。

posted by terada at 17:19| 2017年 大会の記録