2017年08月02日

7月30日「奥比叡・仰木棚田トレイルラン」に参加しました

7月30日「奥比叡・仰木棚田トレイルラン」に参加しました。滋賀県の大津です。天気予報はずっと「晴れ」だったのですが、前日から「雨」に変わりました。

0730-01.jpg

今年3回目のこの大会は、最初から気になって参加したいと思っていました。昨年エントリーしたのですが、体調が悪く断念、キャンセルしました。今年こそは出るぞ、と前々から楽しみにしていました。1週間前になってもゼッケン番号等のお葉書が来ません。調べてみると、エントリーし忘れていました。あきらめがつかず、事務局に電話してお願いしたところ、参加できるというお返事をいただきました。とても嬉しかったです。

0730-02.jpg

スタート前の会場、アットホームな雰囲気です。会長さんのご挨拶、「過疎化が進む地域ですが、できるだけたくさんの人に、この棚田を知ってほしいと思い、村の人全員で作り上げた大会です」にうるっとしました。棚田をちゃんと見て帰ります。

0730-03.jpg

ゆっくり山を登っていきます。迷いそうなところには必ずボランティアの人がいてくださいます。ほとんどがご年配の男性です。暑いのにありがとうございます。


0730-001.jpg

0730-002.jpg

走っていくと選手たちが止まっていました。大会は一時中止です。「クマが出たから」とのことでした。しばらく待ちます。もう引き返すのかなあと思っていた時、動き始めました。「クマ」でなく、「ハチ」のため村の人が集まって退治してくださっていました。手にキンチョールを持っていました。

0730-003.jpg

山の頂上からは琵琶湖が見えます。雨も上がり暑さで蒸気で靄がかかっています。


0730-004.jpg

0730-005.jpg

0730-006.jpg

山を下りて、後半は田んぼ道を走ります。棚田を写真に撮ってきました。とにかく蒸し暑く、暑さにやられてへたってしまいました。このような暑い大会がないと夏を越した気分になれません。今年はこれで夏を感じ、冬に向かう心の準備ができそうです。

0730-10.jpg

田んぼの稲です。

0730-11.jpg

無事時間内にフィニッシュしました。大会中ずっと太鼓の音が聞こえていました。何時間もここで太鼓をたたいて下さったのですね。ありがとうございました。

0730-12.jpg

もよりの「おごと温泉」駅は食べるところも、キオスクもない駅でした。電車の中から。
posted by terada at 06:00| 2017年 大会の記録

7月2日「京都一周トレイル4分割マラニック その3 北山西部編」に参加しました

皆さまお変わりありませんでしょうか。ぼんやりしていたら1か月過ぎてしまいました。
7月2日 「京都一周トレイル4分割マラニック その3 北山西部編」に参加しました。

0702-01.jpg

前回フィニッシュだった叡電鞍馬駅からスタートです。夕方から雨との予想ですが、まあそれまでには走り終えていると思っていました。

0702-02.jpg

北山46から87までを走り、その後は山の間を抜けて南に下り嵐山近くの有栖川駅がゴールです。

0702-03.jpg

2年前走ったときすごく蒸し暑かったのを思い出します。今年は曇っているせいか、それほど暑さは感じませんでした。

0730-04.jpg

高い山を下り、軽いアップダウンの道を走ります。今日は早めに着きそう、とちょっと嬉しいです。

0730-05.jpg

急に雷とともに土砂降りに。山の天気はすごいですね。

0730-06.jpg

雨の中少し進むと、なんとラッキーなことにエイド地点でした。他の選手も雨宿りしています。小さな軒の下で這いつくばるように立って雨が小降りになるのを待ちました。

0730-07.jpg

この大雨の中一人で山を走る勇気はなく、誰かが走り始めるのを待ちました。2人の選手が出発を決め、その2人にはぐれないでついて走りました。主催者の方が、道路にチョークで矢印を書いてくれていましたが、それも雨で流れ、道に迷わないかひやひやしました。雨の中ゴール。その後も雨は続き、有栖川駅前で傘を買い、靴もぐしょぐしょで冷たかったので、叡電嵐山駅近くでサンダルを買いました。

0730-08.jpg

それからやっと一息つき、トロッコ嵯峨駅にある「ジオラマ博物館」に入り

0730-09.jpg

展示してあるSLを見て、京都駅に向かいました。

posted by terada at 06:00| 2017年 大会の記録

2017年06月15日

6月11日「秩父の名峰 武甲山トレイルラン」に参加しました

6月11日「秩父の名峰 武甲山トレイルラン」に参加しました。
ハードすぎて昨年「これで最後にしよう」と思ったのに、どうしてエントリーしたのでしょうか。雨だったらやめようと思っていたのに、どうして晴れたのでしょうか。一杯の緊張と不安で、大会前日静岡を出発しました。

0611-01.jpg

池袋から「レッドアロー号」に乗ります。東京にいた頃は、「料金の高い列車」と見向きもしませんでした。普通の電車だと西武秩父駅までとんでもなく長くかかりますが、アロー号だと1時間30分で到着です。飯能駅でスイッチバックするため、進行方向が変わり、後ろ向きで走ります。わくわくの列車です。

0611-02.jpg

西武秩父駅からの武甲山。午後6時頃です。さてホテル前まではすぐ、のはずが見当たりません。聞くと、「遠いよ、40分かかるよ」と。おかしい、駅前にあるはずのホテルが。そう、西武秩父駅でなく秩父鉄道の秩父駅前にホテルをとっていたのです。歩くこと40分。

0611-03.jpg

その秩父鉄道秩父駅前ホテルからの武甲山、翌日朝6時頃です。

0611-04.jpg

開会式で見上げる武甲山。制限時間7時間30分以内で何とかもどりたいなあ。山の向こう側のセメント工場みたいなあ。

0611-05.jpg

9時30分スタート。武甲山頂上をめざして上ります。まだ余裕です。

0611-06.jpg

正午、頂上到着。御嶽神社前にスタッフさんが巫女さん姿で応援してくださいます。

0611-07.jpg

あとは下りかなという束の間の期待。そのあとは子持山、大持山と2つの山を越えます。まだ上るの?とがっかり感を越えてあきらめ、どうにでもなれって感覚でただただのぼります。3つ目の山を越えついに下りに。激下りの連続で、ひとときも気が抜けません。

0611-08.jpg

午後2時30分頃。急にロードに出ました。そう、例のセメント工場の登場です。今年も出会えました。

0611-09.jpg

今回多めに写真をアップします。興味のない方すみません。

0611-10.jpg


0611-11.jpg



0611-12.jpg


0611-13.jpg


0611-14.jpg


0611-15.jpg

工場を過ぎ、振り返って見た武甲山。崩壊した姿が悲しいです。残りあと2km、すでにゴールして帰宅途中の選手たちと道ですれ違い、「あと少し」「ナイスラン」「歩いても着くよ」と声をかけてもらいながらの一人旅。みんな優しいです。「あと1km」の看板をみて、「海よりもまだ深く、空よりもまだ青く」と唱えながら進みました。どうしてかわかりません。午後3時過ぎフィニッシュ。着替えてすぐ駅に。後ろ向きで走る「スイッチバックするレッドアロー号」に乗り、車中で遅い昼ごはんを食べました。

posted by terada at 00:58| 2017年 大会の記録