2023年12月14日

12月10日クラウンメロンマラソンに参加してきました

 今年もあと少しになりました。戦争はいたるところで続いているし、日本の政治もなんだかすごいことになっています。今年は冬のあと夏が来てそのあとまた冬になるという、春と秋がなかったような気がします。そのせいか皆様調子があまりよくなくつらい一年でした。コロナ、インフルエンザもはやり、それ以外のいろいろな病気も勢いを増してきました。残りわずか無事に過ごされることを祈っています。

 11月に入りちょっと寒くなると外を走るのが嫌になってきました。アレルギーの症状もあってうだうだしていました。思い切って24時間の無人ジムに入会し、1週間に3日、一日10km屋内で走ることにしました。まずは10日の大会に参加して、「制限時間内に完走する」ことを目標にも練習していました。昨年同じ大会に参加しましたが、制限時間に到達せず、最後スタジアム前で止められてチップを回収され、がっくりして帰りました。今回は何としてでも完走するぞと緊張しながら当日になりました。静岡駅からJRで愛野駅まで40分ほど、そこで降りて歩いて10分で会場です。愛野駅前にはメロンのモニュメントがありました。

IMG_0682.JPG


IMG_0683.JPG


 会場までの道はとてもきれいです。空も青く、12月と思えないほど暖かかったです。スタート前の会場です。緊張でいつもどうしてこんなに大会をたのしめないのだろうと、嫌になります。スタートから最後までつらいばかりでしたが、何とか無事にフィニッシュできました。メロンマラソンとあってメロンを一切れくださるのですが、シャーベット状にしてくださっておいしかったです。メロンの模様のTシャツをもらって電車で帰りました。帰ったら夕方で暗くなりかけていました。

IMG_0684.JPG


IMG_0685.JPG


posted by terada at 10:22| 2023年

2023年11月01日

10月29日 しまだ大井川マラソンに参加しました

10月29日 しまだ大井川マラソンに参加しました。10kmです。10年くらい前同じ大会のフルに参加し、無事完走できたのを覚えています。大井川沿いでほぼフラット、時間制限が長いのでゆっくりと走れます。ただ今回はほぼ走っていない状態での参加でドキドキです。当日晴天だったのでがんばって島田駅まで来ました。島田駅思っていたより小さかったです。

IMG_0644.JPG


IMG_0647.JPG


たくさんの人がくつろいでスタートを待っています。静かで空がきれいで温かい秋の日です。最後尾よりスタートゆっくり走りました。

IMG_0651.JPG


IMG_0656.JPG


何とか足を止めることなく走り続け、制限時間内に完走できました。思っていたタイムよりよかったのでちょっとびっくりでした。預けた荷物を受け取って着替えてすぐに駅に向かいました。

IMG_0657.JPG


IMG_0659.JPG


駅までの道きれいな空を見ながら歩きました。駅に着くとまたこの看板が。「地球上でもっとも緑茶を愛する街、島田」地球上というフレーズが壮大で素敵です。電車にのり静岡駅から自宅にもどり、洗濯して昼を食べました。

IMG_0660.JPG


IMG_0661.JPG


posted by terada at 06:46| 2023年

2023年09月30日

9月24日三河高原トレイルラン大会に参加しました

いつまでも暑いですが、朝夕は涼しくなりました。朝出勤の時と帰る時は自転車のライトをつけるようになって、季節の変わり目を感じます。ついこの間まで4時過ぎには明るくなっていたのに、今では5時過ぎまで暗いですよね。知人にコオロギのつがいをもらって飼っています。早朝の涼しいときに鳴いていますが、今年は鳴き声が弱いので少し悲しいです。

9月24日三河高原トレイルラン大会に参加しました。コロナで中止になっていたので4年ぶりです。今年は募集人数も少なく、ロングのみとなりました。ショートに参加していたので走れるか不安でしたが、だめもとです。

1週間前から緊張で元気がでず、当日も3時に起きて始発の新幹線にのり豊橋から名鉄に乗り換え、「本宿」駅からシャトルバスで1時間ほどの鬼久保ふれあい広場がスタート地点です。10時スタートでしたが、すっきり晴れやや暑いくらいでした。スタートから最後を死守、スタッフさんが少なく、案内のための旗や赤い布の印もかなり少なかったようです。

第2ポイント前に集団遭難、前を走っていた30名ほどの選手がもどってきて「どうもこの道間違っているみたい」とその集団の最後を必死でついていきました。第2ポイントの時間制限を何とか通過、あと10kmになりました。そこからほぼ山道を走るのですが、草が肩くらいまで茂り、前がほぼ見えない、ほかの選手もどこへいるかわからない、あれ、この道おかしい、と思い、目の前が崖になっているのに気づき、「これは間違っている」と悟りました。前の道に戻るのが鉄則ですが、もどってもどんどん山奥に迷いこみ40分ほどうろうろしていました。怪我だけはしないように注意しながらややパニック状態になっていました。大会の電話番号がわからず、警察に電話するしかないか、と思っていたところやっともときた道をみつけ、第2ポイントに戻り、まだスタッフさんがいらっしゃるのに気づきほっとしました。また一人であの山を走るのが怖く自信がなくなって「ここでやめます」とリタイアしました。

今までの大会で経験したことのない「リタイア」。しばらく待って大会関係者の年上の男性の方が車に乗せてくださり、大会まで連れて帰ってくださいました。「リタイアは悔しいよね」とのお言葉で泣いてしまいました。何一ついいことのないリタイア、終わっても消化不良でもやもやしてうつうつしてしまうリタイア、あの時一人で山を走っていれば十分フィニッシュできたのに、と後悔してしまうリタイア。

シャトルバスを待ち、名鉄にのり新幹線に乗り換えやっと遅い昼食をとって、でも悔しくて。来年も練習してリベンジしてやるぞ、とひっそり思いました。家にもどって洗濯して、びしょびしょになったシューズを洗って即寝ました。

IMG_0626.JPG


IMG_0630.JPG


会場のふれあい広場です。今までの人数からかなり縮小して少人数です。素敵な青空です

IMG_0631.JPG


IMG_0632.JPG


スタートしてまもなくの景色、びりを死守して前後に人がいなくなりました。まだ山に入ってないのに。

IMG_0633.JPG


IMG_0634.JPG


長い上り坂を登りやっと林を抜けたときのほっとした気分、すぐ林の中に入ります。ここから1時間必死で走ってやっと第2ポイントに制限時間内に到達しました。その後はなんやかんやで写真とっていません。

posted by terada at 00:36| 2023年